パワーボムな毎日

3月31日を持って終了致しやした。ありがとうございました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ペーパーロックって響きだけでは弱そうだよね。

はいどうもこんばんわ
ブラックです。

さてさて、ラジオさガンガンかけたまま寝るというね、まったくもう。誰か叱ってください。

相変わらず3時間くらい寝れば平気な状態、まぁ昼寝もしてるしね。

いつがメインの睡眠かわからんことになってます。


柄にも合わず、朝飯食いながら。いまさらながら「秒速5センチメートル」なんぞを観てしまい

もうなんともいえない気持ちになってしまう。

耳をすませばのときは友人もいて、茶化しつつでしたが

今回は朝日が眩しいなか、観てしまい。もうなんともいえぬね。

そらぁ涙もでます。最近情けないっすわ。あぁ観なきゃこんなことにはこんな考えはとか思いつつ

布団でヴォーヴォーってやってると寝てしまい

もう15時ですよ。なんぼほど寝るんだ。寝すぎで死ぬ。あぁもういっそ死にたいわ。ボケ。


祖母とかるくバトルをしてしまい、相変わらずこちらが何も言わないことをいいことにね。

やれやれですよ。気分も悪いので、文無しのくせに外にくり出して

フラフラと某大型スーパーへ、文無しなりに考えた結果

暖房の効いた。フードコートにて孤独の読書タイム。

いいですか、これからを青春を謳歌する諸君!こんなに人間になってはいけませんよ!

いいことなんてこれっぽちもないからね!皆楽しくわいわいとマックのイモを食ってさなか、読書ですよ。DOKUSYO!

こんなもん貴重な時間の無駄ですからね、もっと皆に興味を持たれていることや楽しいことしなさいよ

決して真似しない様に!

一回きりの人生楽しく使いなさい、おじさんはもういいんです。

そんなわけで「斜陽」を読み上げて帰ってきましたよ。まったくもう



まぁまぁそんなかんじ、こんな読書デーは久しぶりにあれでしょう

読書感想文大会!!拡大版!!

11月以来なので久しぶりにですね。まぁ大して本は読んでないけどね


注射1本50万!―新薬実験バイトの真実注射1本50万!―新薬実験バイトの真実
(2007/01/26)
仲井 悠悟

商品詳細を見る



小生のことを知っているひとは、こいつのど真ん中の本だなとお分かりだと思います。

治験について著者自らの体験やそこであった人々についてのお話など

治験と一言いってもにしろ様々なエピソードがあり、ディープな世界なんだと思いましたね。

脊髄注射は正直怖いぞっとするものでしたね。

読みやすくオススメですわいよ。




多重人格殺人―サイコキラー (角川ホラー文庫)多重人格殺人―サイコキラー (角川ホラー文庫)
(1996/12)
和田 はつ子

商品詳細を見る


tazyuuzinnkakusatuzinn

イメージがなかったので失敬してきました。

タイトルみて購入したのですが、若干の想像とは違い

食肉文化、カニバリズムというものを中心になっていた

日本の古き食文化、宗教的なものがちりばめられていた作品

正直な感想ではイマイチなかんじだったかなぁ気持ち悪さなかなか伝わったのですがねー



にぎやかな部屋 (新潮文庫)にぎやかな部屋 (新潮文庫)
(1980/01)
星 新一

商品詳細を見る



星新一では珍しい戯曲作品。とても短い戯曲あって、流石星新一読みやすい

ひとつの部屋しか場面はなくその中で人々が入れ替わり立ち代りで

すばやいテンポで進んでいく中、起承転結しっかりとしており

得意の最後の引っくり返される感じもあって面白かった。

でもショートショートですよねといわれると何もいえないかなぁははは



へらへらぼっちゃん (講談社文庫)へらへらぼっちゃん (講談社文庫)
(2003/05)
町田 康

商品詳細を見る


みんな大好きパンク歌手の町田康作品のエッセイです。

エッセイも相変わらずの文章言い回しが好きですね。

浅いようで実は凄い深い文章にはやられたなと毎度思います。

これも町田らしさ全快です。



青少年のための自殺学入門 (河出文庫)青少年のための自殺学入門 (河出文庫)
(2006/09/05)
寺山 修司

商品詳細を見る


今思えばなんやかんやで初寺山修司作品だったね。

青少年である異常読まなくてはねそりゃ

自殺というものに追い求めた美学の先を書かれた作品

これを読むことで少し自殺についての考え方が変わりましたね。

死にたいしての哲学的なものもたくさんかかれており勉強になりました。

自殺する機械をまとめたページは少し気味の悪さが心地よかったりしますよね。


精神分析が面白いほどわかる本―「二重人格」「犯罪心理」、人間のアブナイ本能も見えてくる (KAWADE夢文庫)精神分析が面白いほどわかる本―「二重人格」「犯罪心理」、人間のアブナイ本能も見えてくる (KAWADE夢文庫)
(2002/08)
心の謎を探る会

商品詳細を見る



べたなところユングやフロイトが唱えたものについて、

シンプルに噛み砕きわかりやすく説明されたものですかね

無意識の部分で働いてるところや幼少期に体験などにより、

作り上げられる人間の精神的な部分、なるほどなぁと思うこともたたありましたね。

後半のPTSDやDVについてももう少し深く読みたかったです。

人間の深いものですよね。



怖い日曜日―新耳袋特別編集怖い日曜日―新耳袋特別編集
(1999/08)
木原 浩勝中山 市朗

商品詳細を見る


kowainitiyoubi


これまたイメージがなかったっす。

怖い話の短編集ですね。短編集いいましてほんと短い1ページ2ページのものばかり

やはり怖い話というのは弓矢のようにしっかり引き寄せてイッキに放さなければ

ささらないものですからね。難しいものですよね。

「帰宅」という作品はなかなか短いながらも怖いなと思う作品でしたね。

暇つぶしに短いのでいいかもしれませんね。



リストカットシンドロームリストカットシンドローム
(2000/10)
ロブ@大月

商品詳細を見る



自傷行為をしている人々との対談が多く書かれている作品。

相手の気持ちをすべて理解するのは難しいことかもしれないが

少しでも近づくことはできるかなと思い読んでみました。

色々な人がいるんだなと、こういうのも大切ですねよね。

勉強になりましたね。


ポケットに名言を (角川文庫)ポケットに名言を (角川文庫)
(2005/01)
寺山 修司

商品詳細を見る


表紙デザインがちょっと違うけど、同じ作品ですね。

【名言のない時代は不幸だ、だが名言を必要とする時代はもっと不幸だ】

まさに名言をネットで漁るくらいの依存症状が出てる自分にはふさわしい1冊

たくさんの名言が載っており難解な名言もあったりと楽しめた。

一番好きなのは、西田幸子の「東京ブルース」からの

【どうせあたしをだますなら、死ぬまでだましてほしかった】

シンプルであるが、心に響く言葉やと思います。


斜陽 (新潮文庫)斜陽 (新潮文庫)
(1950/11)
太宰 治

商品詳細を見る



本日、読み終えた「斜陽」でございます。やっぱりいいね太宰治。

日本語がとても美しい、物のたとえにしろ美しさがある。

戦後の貴族の没落を描いた作品というもので、

戦後の女性心理をとてもリアルに描いたものだと思う。

人々が死に近づき落ちていくさまあれが人間という生き物の真の姿だと思う。

直治の日誌、遺書と書かれた文章。あれが人間という生き物の真の姿だと思う。

あまり厚みもないのであっというまに読めるので、是非読む作品ですね

人間失格もよかったがこれもよかったですね。



こんなかんじですね。10冊程度しか読めてないのですね・・・

もう少し読まなきゃダメですわ足りないっす。

雑な感想もありますがこんなかんじで、さらに読んでいきたいですね。




首吊り台から / THE BLUE HEARTS
スポンサーサイト
  1. 2009/03/04(水) 23:34:27|
  2. 文学青年編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<観音開きの事故車は怖いわね。たしかに | ホーム | ぶっ飛びつーのは独りでやるもんだろ。>>

コメント

最近読んだのは畠中恵の「しゃばけ」シリーズの第2巻の「ぬしさまへ」。
なぜか一巻が無かった。
面白かった。

斜陽は家にもあったわ。百均のやつ。


つぎは納棺夫日記を読む予定。おくりびとの原作ね。
  1. 2009/03/05(木) 15:30:17 |
  2. URL |
  3. じ #-
  4. [ 編集]

ごきげんよう。

しゃばけちょっと読んでみたいすね、歴史小説とファンタズィが混ざった感じなのかな?

斜陽と人間失格は読むべきですね。
太宰は相当オススメですよ。

次は横溝正史シリーズでも漁ろうかと
犬神家~とか八つ墓村とかの人
  1. 2009/03/06(金) 21:09:36 |
  2. URL |
  3. ブラック #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kosianmax.blog42.fc2.com/tb.php/969-e9d19b13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブラック

Author:ブラック
どうも、ブラックです。
毎日のように毒(愚痴)吐かせていただいております。
麻雀好き

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

アクセス解析

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。